ミエロのひとりごと

いつかポジティブに…!

新鮮な


ああも穏やかに笑う人だと思わなかった。

ずっと下を向いてたから、見ないように警戒してたから、わからなかった。

一言返事を返すだけで、満足そうに笑ってくれる人だとは思わなかった。

私の選択は間違いではなかったと思った。

私の中で、少しだけ何かが引っかかっていても、
そうやって笑ってくれるなら、安心してくれるなら、それでいいと思った。

きっとそれでいい。